投稿

板橋区立板橋第十小学校訪問

イメージ
板橋区立板橋第十小学校を訪問。3年生79人とヨガの時間、マイマイ先生がメインティーチャー、2時間のヨガ学習の時間を担当させて頂きました。
自分の歩く足音に意識を向けて、静かに歩いてみたり、わざと大きな足音を立ててみたり。背中を優しくトントンと叩き合ったり。普段の体育やお稽古のバレエでやったことあるヨガのポーズも、改めて違う目線でチャレンジしてみたり、難しいバランスポーズもグラグラを楽しみながら一生懸命でした。
最後のお楽しみには、舟のポーズをペア練習した後に全員で連結してトンネルを作り、マイマイ先生が匍匐前進で進むという試みもみんなとっても楽しそうでした。きっと休み時間にまたチャレンジするんじゃないかと想像できます。 舟のポーズもそうだけど、休み時間にワイワイと皆でヨガする子どもたち。そんな風景を想像しながらいつもヨガを指導させて頂いてます。
2時間集中して体を動かした後の感想は、新しいチャレンジの楽しさを体験したという意見から、深呼吸に意識を向けることで、モヤモヤした気持ちが消えたという意見まで、新しい発見の感想を沢山頂きました。
ヨガの後は子どもたちと一緒に給食。ファンシーなメニューにびっくり、美味しさに二度ビックリです。食事中には沢山なぞなぞを問いかけられましたが、頭が固くて全然解けなかったです。サインやハイタッチをねだられてなんだかアイドルになった気分。子どもたちとのヨガの時間は毎回元気を貰います。

又来年お会いしましょう!










板橋区教育委員会 中川修一教育長インタビュー①

イメージ
”心身がすっとする、落ち着く感覚を子供たちにも体験してもらいたい”
2019年初夏、板橋区教育委員会・教育長・中川修一氏にお話を伺ってきました。ユース・レジリエンス研究所を設立して以来、活動の中心になっているのが板橋区の小学校です。 今、なぜヨガをベースに考案された「ユース・レジリエンス体操」を教育の現場に導入されたのか? これからの社会、そして子供たち、教育のあり方について伺っていきます。変化の激しい時代。それは大人だけでなく、子供たち、そして子供たちを取り巻く社会にも多くの影響を与えていそうです。
聞き手 平賀きょう子 
一般社団法人ユースレジリエンス研究所 代表理事 平賀きょう子


平賀きょう子(以下:平賀):今日はお忙しい中、お時間をとって頂き、ありがとうございます。昨年から何校かの小学校に伺わせて頂く中で、何かもっとお役に立てることがあるのかな? と思い、今日はお話を伺えたらと思っています。
中川修一教育長(以下:中川):こちらこそ、いつも精力的に活動して頂いていて、ありがとうございます。今、授業の中で新しく始めることが多くて、すべての学校での導入は難しいのですが、いくつかの学校で昨年からスタートしていますね。
平賀:はい。天津かわしお学校を始め、弥生小学校や板橋区フレンドセンターにも伺わせて頂いています。
中川:とにかく、学校教育は、ここ数年の間にどんどん変わっていて。授業で新しく始めることが、非常に多いんです。なので、すべての学校に導入するのは難しいのですが「この学校はやってみたらどうかな?」と思ったところに、まず声をかけてみたんですね。
平賀:今、伺っている学校は校長先生も先生方も前向きに取り組んでくださっています。先生方も子供たちと一緒にヨガをやってくださる時間もあって。この2年を通して、雰囲気が変わってきたな、というのを感じることも増えてきました。
中川:そうですか。それは良かった。私は校長先生がその学校にあった特色を、それぞれ出してくれたらいいな、と思うんですね。ですから、ヨガ学習に興味がある校長先生や、この学校でやったらどうかな? と感じた学校から広がってくれたら嬉しいです。ヨガをやることが目的ではなくて、ヨガを通して心身共にリラックスできる状態に子どもたちや先生方がなれたらと願います。
平賀:そうですね。最初に始まったのが、集団生活をしながら学校に通う、病弱特別支…

板橋区フレンドセンター(小・中学生不登校生のためのスクール)訪問

イメージ
秋晴れの今日、10/30は板橋区フレンドセンターで健康体操教室。 小学校5年生から中学3年生まで混在学級でお昼前の時間帯にお邪魔しました。
骨格模型を使いながら、ちょっと自分の体を深掘り。 ・背骨と胸郭の動き
・足裏のアーチから丹田に意識を向ける方法
・体幹を意識して縦軸を広げ呼吸と共に動く
運動とヨガの違い、合気道で呼吸と気に意識を向ける方法と交えて説明しました。 小学生には少し難しいかな?と思いましたが、普段の勉強とはちょっと違う分野の話、興味持って貰えた感じでした。
ヨガ体操の実際の動きは、ベーシックなものからチャレンジングなポーズ、バランス重視のポーズも入れて行いました。
最初は見ているだけの子供たちも、最後はちょっぴり一緒にやってみたり、興味深げに目線を送ってくれたりでした。
お弁当を持参して子どもたちと一緒に食べながら少しずつ打ち解けおしゃべり。 次回の予定は?と質問されたり、自主的にお知らせしたり。 まんざらでもない返事も貰い、又みんなに会えるのがとても楽しみです。
笑顔が笑顔を呼ぶ、そんな時間でした。、そんな時間でした。 今日もありがとうございました😊