投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

理事会はzoomで!

イメージ
事務局吉崎です 本日第2事務局吉崎です本日第2回理事会が開催されました。 今回はzoomを使っての理事会✨
現在制作中のカリキュラムについて、 出張ヨガ講師の育成について、 今後の活動予定について等についての話し合いとなりました。
ユース・レジリエンス研究所の理事の方達は、 色々な分野のスペシャリストが揃っているからこそ出来る 色々な方向からのアプローチ✨ 今回も私はたくさん学ばせていただきました🎵

一般社団法人ユースレジリエンス研究所

天津キッズinスタジオシャンティ

イメージ
板橋区立天津わかしお学校の6年生が
スタジオシャンティ訪問! 木村校長先生と担任の金子先生も一緒に
目一杯ヨガを楽しみました。

いつも馴染みの
「天津わかしおヨガ」
はお休みして、 「太陽礼拝A,B」 「ヨギックアーツ」 かなり汗だくになりながらの2時間半でした。
大人でもこれはかなりのボリューム。 全力で走ったり、マラソンした後みたいな汗の量ですが、 心臓のバクバクした感じがない!とびっくりでしたね。 

ヨガは心拍をさほどあげずに、
ちょうど良い塩梅にカラダを動かすことができるからですね。
ちょっと難しいと思っていたダウンドッグやチャトランガも 壁を使ってチャレンジしてみました。  運動が苦手でも、
やり方を選べば誰でも楽しんでできるのがヨガ。

そしてそれぞれの体の特性を生かして
チャレンジする方法がわかると それはもうとっても楽しいものです!  また7月には
「天津わかしおヨガ」の楽曲イマジンを
使わせてくださったダフネ・ツェさんと
改めて訪問する予定です。

ヨガを通年で指導始めて4年を経過、
これからもとっても楽しみです! 
またすぐに会いましょう!!

一般社団法人ユースレジリエンス研究所

「こうでなければならない」というプレッシャーが大きすぎる

イメージ
「自然体」の大切さ 「こうでなければならない」というプレッシャーが大きすぎる
こんにちは、理事の本間です。
小学校の現場を離れて2年。 ふりかえってみると、 子どもたちが背負っているものの大きさについて、 改めて実感させられます。
生きる力につながる「確かな学力」をはじめ、 「変化の激しい先行き不透明な時代」を生き抜くために、 必要だと思われる様々な力を子どもたちが 身につける教育が求められてきています。
それにしたがって、 学校教育に求められる教育も 多岐にわたります。
道徳教育、 キャリア教育、 ICT教育、 特別支援教育、 食育、 プログラミング教育・・・。
もちろん、みんな意義のある大切な 教育内容であることは間違いありませんが、 受け取る側の子どもたちの負担は いかがなものでしょうか。
そして、学校、そしてそこで働く教員に対しての 「こうでなければならない」 「こうあらねばならない」 というプレッシャーは、 どんどん大きくなってきているように思えます。
私は、学校で保護者や教員のみなさんに お話をする機会があると、 次の2つのことが大切で、 あとはもっと自由でいいはずだ、 という話をしています。